マンション売却や不動産売買は専門業者で情報GET

都心部に住む

根強い人気の都心部の不動産物件

古いマンション

一昔前の不動産価格高騰の煽りを受けて住む場所を郊外に求めていた人たちが、近年の不動産価格の安定化によって、住む場所を都心部近くへ求める動きが強くなってきています。 これは、大都市だけの動向ではなく、全国的な現象として広がっていてます。 しかし、こういった立地条件の良い利便性の高い不動産はそんなにあるわけがなく、とくに、大きな都市の中心部ではまずないといっても良い状況です。 まれに、大きな企業の工場などが移転する場合などで土地が空くときには、その土地を多くの開発業者が競って取得して、そこに超高層マンションなどの建築をしています。 ですが、こういった空き地はそう見つかるものではなく、供給量にも限界が見え始めているのも現実です。

近郊の物件に注目が集まってきています

そこで増加してきているのが、近郊の不動産物件です。 不動産価格は一昔前のように、すべて上昇というような状況ではありませんが、都心部などに関していえば、現在でも非常に人気が高く高価なので、一般の人にとって手を出すのが難しいことに変わりはありません。 それに対して、少し外れた地域にある、近郊の不動産物件であれば、一般に人たちが手を出すことが出来る価格帯の不動産も増えてきています。 都心部ほどではないですが、最寄りの駅やバス停などの交通の便もよく、小学校や中学校、郵便局、病院などの生活に必要とされる公共施設も揃っています。 さらに、大型のショッピングモールなどでいえば、郊外型の店舗が増えてきていることもあり、都心部などよりも便利な点も増えています。 こうした状況からも、今後は近郊の不動産が注目を集めることは間違いないと思います。

ページトップへ
このエントリーをはてなブックマークに追加